上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今年もあと5日。(日本は既にあと4日かな)

年々
あっ

という間に過ぎていきますね。
歳もとりますわねぇ・・・。

今年も色んなところに行きました。
多くの人と知り合いになることもできました。
とっても中身の濃い一年でした。
今年も、さまざまな人に助けられた1年でした。
この場を借りて

大変お世話になりました。
来年もどうぞ、よろしくお願いいたしますm(__)m


明日から所用により一時帰国するので一足早いご挨拶。
みなさま、どうぞ良いお年を
スポンサーサイト
2007.12.26 Wed l その他 l COM(0) l top ▲
LAの普通の道路を車で走っていると、イルミネーションが道路などにあるわけでもなく、青い空だしポカポカ陽気だし、もうすぐクリスマスだということをすっかり忘れてしまいそうなここ1ヶ月でした。
ただ、このロデオドライブはやっぱり可愛く飾り付けられ、あぁやっぱりクリスマス、心がウキウキするわ、と思う通りの一つなのです。
街灯がバカラの素敵なシャンデリアになっていたり↓
バカラのシャンデリア


各ブランドもデコレーションされていて↓
ティファニーごとプレゼント


ポインセチアもクリスマスムードを盛り上げます↓
ポインセチアかわいいよね


ロデオドライブにあるスペイン坂横には可愛い飾りがあったり↓
毎年違うみたいですよ!


スペイン坂の上にはこんな大きなツリーも
巨大なツリー


夜はこのあたり、こんな感じになりますよ~(ちょっとボケちゃったけど)↓
派手ではないけど素敵なイルミネーション


ショッピングモールもこんな風にクリスマスデコレーションがなされて↓
デコレーション2


この周りを走る汽車にのって子供達は大喜び!↓
サンタ、ちょっとこわいけど


もちろんツリーもありますよ~↓
ツリー


これまた違うショッピングモールのツリー。ちょっとずつ個性がひかりますねぇ↓
ツリー2


先日シカゴからディズニーに遊びに来ていたお友達とディナーでいったホテルでもパチリ↓
ツリー3


ついでにベイルのクリスマスイルミネーションもどうぞ↓
ベイルのツリー


Happy Holiday
2007.12.25 Tue l LA観光名所 l COM(2) l top ▲
ベイルは物価も高いとウワサを聞いていたが、確かにリフト券は世界一高いらしく、一日85ドル(コースが長いので一日に2、3回しかリフトなんて乗らないのにね、おそろしや~)。
ただ、スキー場にしてはショップやちゃんとしたレストランが充実しているベイル。4日目からNYからとLAそれぞれから合流するお友達達とは宿でお鍋をしたり外に食べに行ったりしよう!ということになっていたが、一足お先に気になるレストランへ行ってみることに。

まずはディナー編。
ここがイチオシ!と聞いていたイタリアン『ラ・ボテーガ』。
お店の様子


何を食べても美味しいと聞いていたのでかなり期待
まずは前菜のモッツァレラとトマト↓
前菜


シーザーサラダ(このサラダは美味しくてウンチク好きのダンナくんいわくこういうシンプルな食事が美味しいと期待ができる!とのことでしたが・・・)↓
サラダ


ピザ(窯焼きらしい)↓
ピザ


ムール貝のパスタ(これはまさしく『アメリカのパスタ』。久々にアルデンテじゃないパスタを食べて、そうだった、ここはアメリカだったんだと再認識いたしましたシンプルな料理が美味しくても全体が美味しいというわけじゃない、ということがよーくわかったお店であります)↓


ベイル一番の人気店である『レフトバンク』。ここはフレンチで予約を取るのも至難の業だと聞いていたのだが、シーズンのピークではなかったためか、すんなりと予約を取ることができました。
こんなおじさんの像が建物の前にあります↓
お店の前の目印


店員さんの応対もとってもGoodここは店員さんに聞くとプリフィックスのコースを教えてくれます(今回はコースに食べたいものがなかったので普通にオーダーしました~)。
雰囲気も落ち着いていますよ~まるでスキー場にいないような気分になります↓
ちょっと暗くてわかりづらいかな


オニオンスープ↓
オニオンスープ


トマトのスープ(注文してから20分かかると言われ待っているとパイを砕いて濃厚なトマトのスープ登場!)↓
トマトのスープ


ビール(子牛)のクリームソース↓
子牛のクリームソース


サーモンのベーコンまき↓
上にタルタルソースをかけてくれます


チョコレートスフレ(注文は2つから)↓
アツアツのスフレに冷たいカスタードソースを入れて!


次にランチ編。
ランチはスキーのいわゆるゲレ食で、ロッジにて。
ロッジの中はこんな感じでやっぱりちょと日本のロッジとは雰囲気がちがうよね~↓
ロッジ内


Baffaroロッジのパンにいれてもらったスープ(パンが無いときもあるみたい)↓
ビーフチリのスープ


ゴンドラ乗り場に近いライオンズヘッドというところでクラムチャウダーとハンバーガー↓
クラムチャウダーとハンバーガー


などなど、色々と選べます。
ただ、長期の滞在だと胃が疲れてしまうので、キッチンつきのコンドミニアムに滞在して、うまく自炊と外食を組み合わせるのがよいかもね
2007.12.23 Sun l 旅行 l COM(2) l top ▲
ちょっと早いクリスマス休暇で約一週間、スキー旅行に行ってきました~
場所はコロラド州にある『ベイル』というところ。
おそらく日本ではあまり知られていないこのスキー場は、晴れると本当に景色がよくて素晴らしいパウダースノー。しかも北米で一番広いスキー場として、アメリカでは人気のあるスキー場なのです。

ゴンドラとリフトを乗り継いで山頂まで行くと、目の前にはこんな景色が広がります↓
スキー場1


宿のある場所でも2400mを超える高地。山頂まで行くとほとんど富士山の頂上あたりでスキーを楽しむ状態になり、少し動くだけでも息切れが・・・(年のせいというウワサもあるけど)。最初は高山病に注意しながらのんびりと
高地にいるんだなぁと実感できるもの・・・お菓子の袋がものすごく膨らんでる~↓
袋がパンパン~


それでもこんな景色の中で滑るスキーは最高に気持ちよく↓
スキー場2


そして、そして、なんといっても人が少なくて貸切状態!↓
スキー場3


周りがこんな風に森林のようになっているところも↓
スキー場5


2日間は吹雪いていたけど、そんなときの雪のコンディションはサイコーフカフカの雪の中、気持ちよく滑ってきました

吹雪の景色はいかにも寒そうでしょ~↓
スキー場5


吹雪の次の日。景色もちょっと雪が増えたかな?↓
スキー場6


木につもった雪がホントにキレイ
スキー場7


大人になってから始めていたら、きっと恐怖におののいてやろうとも思わなかったであろう、この冬のスポーツ(その証拠にスノボはたった1回で挫折)。小さいころに『寒い、重い』とイヤイヤ行っていたスキー教室がなければこのベイルでの経験はできなかったことでしょう
毎週のようにスキーに連れて行ってくれていた両親に感謝しつつ、景色もスキーも楽しんだこの旅行なのでした。


2007.12.23 Sun l 旅行 l COM(4) l top ▲
今日は久々に、ビバリーヒルズで優雅にランチ
お友達の『アジアン料理が食べたい~』の一言に、『Crustacean』というアジアンフュージョンのお店に決定!久々だわ~アジアン料理。

お店はとってもオシャレで、店内の床は一部ガラス張りになっていて、水が流れて鯉が優雅に泳いでいるのが見えます。昼間でもかなりの混雑!

店内はクリスマス用にか、とってもキレイに飾りつけがされています↓
店内


クリスマスが近いため、職場の人や友達同士でクリスマスプレゼントを交換している人たちも何組もいましたよ

お料理は、散々迷ったあげく・・・
生春巻き($9.00 )大きすぎず鶏肉が炭火で焼かれた良い香りがしてGood↓
盛り付けもおしゃれ~


ロブスターとマンゴーのサラダ($49.95)おぉ、ビバリー価格・・・↓
お値段は確認しないで注文しちゃったんだけど・・・かなり美味♪


ロブスターがこんな感じでゴロゴロ入っていて、まだ熟れていないマンゴーがちょっぴりすっぱくて本当に美味しかった~↓
本日のおすすめメニューでした~


エビと麺のガーリックソース($18.50)これもガーリックがきつすぎず、ちょっぴりコッテリだけど美味しい~
かなりのボリュームです。エビ美味しい~


このお店はサービスもとっても良くて、2人でシェアしたいと言ったら取り皿をもってきてくれたのはもちろん、ちゃんとテーブルで丁寧に取り分けてもくれました。最後までとっても丁寧なサービスに、とても気持ちよく食事ができたのでした

Crustacean
9646 Little Santa Monica Blvd. Beverly Hills
(310)205-8990
2007.12.13 Thu l レストラン l COM(2) l top ▲
ルクルーゼが我が家にやって来て以来、ほぼ毎日このお鍋が登場する我が家の食卓。
今回は『鶏肉のバスク風煮込み』というお料理に挑戦なんでもスペイン国境に近いフランスのバスク地方にある煮込み料理らしい(←本の受け売り
本当は白ワインを入れなきゃいけなかったんだけど・・・近所のスーパーで白ワインをレジに持って行ったら、案の定『IDを見せろ』と言われ、自信満々で国際免許証をみせたのだが、『カリフォルニア州のIDかパスポートじゃないとダメだ!』と言われ買えなかったため・・・冷蔵庫で眠っていた赤ワインさんにご登場願いました。ちょっと風味が違うけどね・・・美味しきゃいいのよ

グツグツ、弱火で煮込んで・・・こんな感じ(いい匂い~)↓
パプリカで見た目もキレイだよね~


できあがり
我が家へお越しの際はご馳走しますよ~♪


鶏肉はホロホロと柔らかく、たっぷりと入ったパプリカも甘くて美味しかった~。かなり良い出来栄えに気をよくして、更なる挑戦を誓うのでした
2007.12.12 Wed l Cooking l COM(2) l top ▲
以前行って日本で食べるよりも美味しいと感じた鼎泰豊(ディンタイフォン)。
ちょっと我が家からは距離があるので近くを通ったときにまた行こう!と思いつつ早3ヶ月・・・。やっとまた行く機会があったので行ってみると・・・。

お店が違う!


いや、ちゃんと住所も同じだし、ナビの言うとおりに運転してきたわけだから違うはずがないんだけど・・・。

どうやら改装でもしたのか、こんなキレイになってました。これぞ、イメージどおりの鼎泰豊(ディンタイフォン)だねぇ↓
確か、以前は1階建てだったような・・・


中も明るくてオシャレな感じに様変わり↓
お店も満員!


しばらくは『支店があったんだっけ?』とか、『前のモールみたいなところは思い込みで、前にブログに載せた写真もこれになってるかもよ~ヒュードロドロ』などと狐につままれたようになっていたが、まぁ、細かいことは考えず美味しいご飯にとりあえず舌鼓を打って大満足になって帰ってきたのでした。
2007.12.11 Tue l レストラン l COM(0) l top ▲
LAのダウンタウンから車で約1時間半。パームスプリングスという避寒地のそばにこのアウトレットがあります。ここは130店舗もあるLA近郊でも最も大きいアウトレットで、日本にあるプレミアムアウトレットと同じ系列
こんな風景に囲まれてのショッピングも気持ち良いよね~↓
デザートヒルズアウトレット


アメリカにはどうも、女性用の(可愛い)ゴルフウエアの取り扱いがほとんど無いようで、この日はゴルフウエアを買うのが主な目的だったのですが・・・。
やっぱりね、つい、ここに入っちゃいました。アメリカの代表ブランド『COACH』日本で買うより断然安いんだよね~どれどれ値段でも見てみようかと吸い寄せられること30分。
パーティー用にとシルバーのキラキララメ↓
パーティー用


普段使いに良い大きさだよね~とこの棚の前から動かなくなった私を呆れ顔でみていたダンナくん・・・。日本人の店員さんに背中をおされ、ご購入、ホクホク
普段用


ここにはたしか、Crate & Barrelというキッチン用品の可愛いお店のアウトレットもあると思ったんだけど・・・どこを探してもナイなんでかねぇ、と他のショップの店員さんに聞いてみるとどうやらとってもわかりづらい場所にあるらしい。車でグルグル回ってやっと見つけました~。本当にわかりづらい場所!しかも独立したほかのアウトレットのような・・・。これはなかなか見つけられないかも~。でもそのおかげで混雑していない、穴場ショップなのでした

2007.12.10 Mon l LA観光名所 l COM(4) l top ▲
毎週行っているゴルフレッスンは順調に進んでおり、もうちょっとでコースデビューできちゃうかも~と頑張っています
ゴルフレッスンのあとのランチも一つの楽しみで、今回行ったところは『ZAZOU』という南仏料理のレストランこのお店の周辺にもちょっとオシャレなお店があって気になる場所のひとつです

いかにもLAのビーチ沿い!って感じの町並みでしょ↓
マリナデルレイの風景


お店の外観はこんな感じ↓
ZAZOU


お店の中はとってもオシャレ(たぶん今日はクリスマスバージョン)↓
お店の中


テーブルの上のオイルに注目唐辛子オイルとオリーブオイルが可愛い容器に入ってる!↓
可愛いオイル入れ


バゲットとトマトのソースが出てきて・・・↓
このトマトのソースがニンニクきいていて美味しいよ~


頼んだのはハンバーガー(美味しそうだったから・・・)↓
ハンバーガー


上のバンズをのせて野菜をはさむとこんなボリューム
口が大きくないと食べられないね・・・


ペンネ(オリーブの実がアクセントになってる~)↓
ペンネ


ビーチにもとっても近いし、オシャレな気分でのランチにピッタリのお店なのでした次回はディナーで南仏料理を楽しみたいなぁ

ZAZOU
1810 South Catalina Ave. Redondo Beach, CA 90277
(310) 540-4884
2007.12.09 Sun l レストラン l COM(0) l top ▲
最近めっきり寒くなってきたLA。
もっと南国で暖かいのかと思っていたのだが、やっぱり冬、コートはまだいらないけれど、朝晩はセーターが必要になってきました。
寒くなってきて、やっと、『そんな季節かぁ・・・』と思えるようになったクリスマスシーズンハリウッドであった大規模なパレードを見逃してしまって残念がっていたところに、このパレードの情報をゲットちょっとくらいクリスマス気分を味わいたいわよねぇと行ってみることにしました
風が強くて一段と寒かったので、久々にダウンコートを引っ張りだして、いざ会場の地、マリナデルレイへ。
ここの海上で電飾をつけた船たちがパレードをするのです。さまざまな人が工夫を凝らし、一番きれいに飾ることを競うコンテストみたいなものらしい・・・。今年は特別に東京ベイエリアからの日本人の審査員がわざわざ来ていたみたいですよ。

最初にちょっと花火があって↓
花火


いよいよパレード開始
かわいく飾りつけられているものや↓
パレード1


パレード2


遠くからみても目立つツリーがあったり↓
パレード3


途中、後ろが急にキャーキャー言い出し、そんなに素敵な船が来たのか!?とキョロキョロすると・・・多くの人が芝生に座ってみていたのだが、その芝生のスプリンクラーが作動して大騒ぎになっているのでしたかなり水をかぶって、オーマイガーな人たちを気の毒に思っていると、今度は雨が降ってきてしまいました~キレイな船も沢山みたし、十分楽しんだから帰ろうか、と家路についたのでした。これが雪だったらよりクリスマスっぽくてキレイだったのかなぁ
2007.12.08 Sat l イベント l COM(2) l top ▲
お料理歴、約1年半。
シカゴでは周りがお料理上手な方ばかりで色々勉強させてもらっていたのだが、まぁなんとか、毎日違う献立で、そんなに時間もかからず作れるようになってきた私。最近キッチン用品もちょっと良いものに興味津々
お友達が口をそろえて絶賛していた『LE CREUSET』のお鍋を買っちゃいました~
ダンナくんの『クリスマスプレゼントに買ってあげようか?』の言葉に、『私じゃなくてだんなくんへのプレゼントだよね?(だってこれを使って美味しいご飯を毎日作ってもらえるんだから~)』と言って『悪妻』の称号をいただきましたが(心外だヮ)。

色は迷ったけど、オレンジ色に決定。レンジの上においておくだけでもカワイイ
ルクルーゼ


記念すべき第1号のお料理は、豚の角煮。単に家にちょうど良い豚肉があったからなのだが、今まで使ってたお鍋とそんなに変わるのかしら、とかなり期待が膨らみます。

灰汁のでかたが違ったり(そんな気がするだけかもしれないけど・・・)、確かに大根もキレイに煮えてる~

たっぷり作っちゃいました

お肉も柔らかく、卵もホクホクしてました。一番違ったのは大根かな~。柔らかくなりすぎず煮崩れもしないのに、でも中までしっかり味がはいってる~
美味しかった~


見た目もかわいいし、今度は何作ろうかな~とちょっと楽しみにもなって、美味しいものもできる素敵なお鍋なのでした。
2007.12.07 Fri l Cooking l COM(8) l top ▲
どんだけぇ~

ではありません。

ロサンゼルス近郊には本当にびっくりするくらい多くのお寿司屋さんがあり、ここ『IKKO』はその中でも一番美味しいと評判のお寿司屋さん
お店構えは・・・本当にここ?という感じのモールの中にあって、外から中がみえません評判を知らなかったら入るのをちょっと躊躇しそうな感じ・・・(オレンジ色の看板が目印かな?)↓
IKKO


一歩店内に入るとびっくり、かなりオッシャレーな雰囲気なのです。今年のクリスマスにはキャンドルだけで店内をムーディーにするらしいですよ
テーブルにはお醤油をおいておらず、一手間加えられたお寿司を出してくれます。
店内には松井秀喜のサインも飾ってあります↓
オシャレに飾ってあるサイン


もともとフレンチのシェフだったというIkkoさん、決して愛想の良い感じの方ではなかったけど、一つ一つ丁寧に、そして真剣に握る鋭いまなざしに圧倒されます

ショーケースの中は新鮮なネタでいっぱい

まずは一品料理から。

生牡蠣↓
生牡蠣


生だこ↓
生だこ


マグロのサラダ↓
マグロのサラダ


カマ↓
カマ


美味しいお寿司たち~
せいご(スズキのこども)↓
お寿司1


名前忘れた・・・(これまた何かの子供だったとおもうんだけど・・・おいしかった!)↓
お寿司2


コハダ↓
お寿司3


アマダイ↓
お寿司4


トロのあぶり↓
お寿司5


ウニ(軍艦じゃないんですよ~)↓
お寿司6


あなご(絶品!あと3つくらい食べたい~)↓
お寿司7


アジ↓
お寿司8


タコ(上の黒いのはトリュフ)↓
お寿司9


サバ↓
お寿司10


たまご↓
お寿司11


NYから遊びに来てくれた方も、ここのお寿司に感動してくれました。
海外で、こんなお寿司が食べられれば言うことナシ
ロサンゼルスに住む人が、日本に帰りたくなくなるというのもなんだかわかる気がする、そんなお寿司屋さんなのでした。
2007.12.06 Thu l レストラン l COM(0) l top ▲
今回の旅行の最後の目的地、『ジョシュアツリー国立公園』
公園入り口↓
ジョシュアツリー公園入り口


ここは地球の歩き方にはあまり詳しく載っていない国立公園なのだが、車で走りぬけるだけで2時間くらいかかるという大きな国立公園なのです。
大きさ、わかるかな?


名前の通り、『ジョシュアツリー』という木が沢山はえている公園なのだが、この木、面白い形をしています。昔、アイルランド出身のロックバンドU2のCDジャケットにこのジョシュアツリーが使われたらしいですよ。

ビジターセンターでMAPをもらって、どこが見所か教えてもらえます。ざっとみてまわるだけで4時間は必要らしい・・・。公園内にはお店も一軒もないのでお水を持っていない人はここが最後のチャンスです。(ちなみに思いのほかじっくり回ってしまった私たち、お昼を買う場所も当然なく、お昼抜きでお菓子をポリポリしながら回ってきました

ビジターセンター↓
ビジターセンター外観


中では色々説明もしてくれるし、ツアーもあるみたいです↓
中ではお土産も売ってます


これが、ジョシュアツリー↓
ジョシュアツリー


近づいてみると幹の部分がこんなささくれだっているんです↓
ジョシュアツリー2


一緒に行ったIさんが後で調べてくれたところによると、この木、一年に10cmしか伸びず、厳しい砂漠の気候で200年も生き抜く木もあるそうです。木は繊維でできているので年輪を判別するのが難しいらしい(詳しくはこちら(英語だけど)→http://en.wikipedia.org/wiki/Joshua_tree)。

この木の名前の由来は、旧約聖書のモーゼの後を継いだジョシュアが天に手をあげている絵だとのこと(ご参考→http://en.wikipedia.org/wiki/Image:Dore_joshua_sun.jpg真ん中で手をあげているのがジョシュア)。

この木が生えている一帯は、本当にこの木と砂漠しかみえないのだが、少し車で行ったところから巨大な岩・岩・岩、が出現。
岩出現


どうやらここはロッククライミングが楽しめる公園でもあるようで、みんなテントを張って、キャンプをしながらロッククライミングを楽しんでいます。
道具も持って本格的↓
本格的な人たち


岩とか山とかみるとよじ登りたくなるのか、ダンナくんもIさんのダンナさまも頑張って登って楽しそうでした~

さらに進むと、高台からこのあたり一帯を見渡せたり↓
何にもないねー


こんな変なサボテンが生えているところがあったりします。
たわしみたいなサボテン


ズームアップ(これ、ものすごくトゲトゲしていて、靴にささって大騒ぎしている女の子がおりました・・・)↓
鋭いトゲ!


これはコットンツリーという木↓
コットンウッド


みんな生えている場所がここにはこの木、ここにはこのサボテンと言う風にまるで栽培しているかのようにエリアが偏っているのです。そんなに離れた場所じゃないのだから種が飛んで、コットンツリーとジョシュアツリーが一緒に生えていても良さそうなものなのに、その点も興味深いなぁ。

今回のこの旅行では野生の動物を観ることができなかったけど(みんな冬眠なのかな)、不思議な化石とか植物とか、きっと日本にいるだけでは見ることのなかったものに触れ合えて、美しい景色に癒されて、とても楽しい旅行になったのでした
2007.12.04 Tue l 旅行 l COM(0) l top ▲
セドナ2日目。
本当は一日目にしたかったアクティビティが、あいにく既に終わってしまっていたため、2日目の朝イチで行こうという話しになりかなり早起き。
ホテルから眺める朝焼けもとってもキレイでした↓
ホテルの部屋から見た朝焼けの風景


セドナはさすが、人気の高い観光スポット色々なアクティビティがあります。気球に乗ってご来光を拝むアクティビティーは一週間前に申し込まなければできないくらい人気だったり、ボルテックスといって地球の磁力やエネルギーが渦をまいている所を巡り、精神を清めるツアーも人気らしい。
で、私たちが選んだのは『ピンクジープツアー』。ジープに乗っていわばを駆け抜ける、これまた人気のツアー。
朝8時20分くらいにこの受付の建物に到着(ユーモラスなイノシシ?がお出迎え)↓
ピンクジープツアー乗り場


運よく8時半からのピンクジープツアーに乗ることができました所要時間は色々選べるのだけど、今回唯一あいていたのが2時間のコース。1日目に夕焼けとともに観た山々を、今度はジープに乗って、運転してくれる人の説明を聞きながら、より高いところから眺めます。

これがスヌーピー岩(スヌーピーが寝てて、隣にルーシーが座ってる岩もあります。わかるかな?)↓
スヌーピー岩


チムニー岩↓
チムニー岩


人が会議しているように見えるでしょ?(一番右の人は『ニンジャタートル』というアニメキャラクターに見えるらしい。言われてみれば納得かも!知らない人はこちらをどうぞ→http://www.ninjaturtles.com/ちなみに私はこのキャラクターしらなかったけど・・・)↓
忍者の服装みたいだね


途中でジープを降りて、ジープと景色とともに写真をとってくれます。景色の良いところで写真撮影


運転席に乗せてもらって記念に一枚なんていうこともしてくれますよ~。

運転席に乗せてもらうことも♪


わざとでこぼこなところを行ったり、がけっぷちスレスレのところを走るのでスリルもあります。上から眺める景色も良かったし、やっぱり説明つきだと色々わかって楽しかった~

ジープツアーのあとは、岩の上に建てられている教会『チャペル・オブ・ザ・ホーリークロス』を見に行くことに。
本当に岩の上に建ってる~↓
教会


ジープツアーの人の話によると、この赤い部分はもろいらしいので、こんな上に建てちゃって大丈夫なのかしら・・・と心配になりますが、でもやっぱり景色は最高~
教会の外からの景色↓
教会のところからの景色


中はこんな感じ(礼拝堂の部屋があるだけのとても小さな教会です)↓
暗いですが・・・


とても気分が晴れやからになるこのセドナ、もっと長く滞在していたかったのだがそうもいかず、最後に行ったのは、今度は女性的なパワーがでているというボルテックスポイントへ。
一番上まで登ることはできなかったけど、岩場をよじ登ったりと良い運動までできたり、きれいな空気をいっぱい吸い込んで、身も心もキレイになったような気がしたのでした
太陽をバックに、ベルロックにて


2007.12.03 Mon l 旅行 l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。