上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今日はLAの中でも景色が最も良いとされるゴルフ場『Los Verdes Golf Club』でラウンド。
Los Verdes Golf Club


4月半ばにコースデビューしてから、約1ヶ月半ですでに5回目の18ホールです
このコースは海端にあり、目の前が海、というホールが沢山あって、ウワサどおりとってもキレイこんなところに半日いるとすがすがしくて、どんどんゴルフにはまってしまいます。

目の前に広がる海と、グリーンのコントラストが本当にキレイ↓
キレイな景色~

夕焼けも、良いですね~↓
夕焼け

ここのグリーンはとても難しく、パターの練習が必要だなぁと痛感。
それでもスコアは自己ベストの139。毎回スコアがあがっていく、今が一番楽しいときかもしれません
スポンサーサイト
2008.05.27 Tue l スポーツ l COM(0) l top ▲
今回、ダンナくんの出張についていってでもサンフランシスコに行ったのはこのアルカトラズ島に行く機会を逃していたため。前回サンフランシスコに行ったときは残念ながらチケットがとれなかったのです。

アルカトラズ島は島全体が刑務所とその職員の家などがあった島で、主に凶悪犯たちが収容されており、かの有名なアルカポネも収容されていたことで有名サンフランシスコからも眺めることのできるこの島、いまや観光地として大人気なのです。
サンフランシスコから眺めたアルカトラズ島↓
アルカトラズ島

こんなフェリーにのって・・・↓
クルーズ

後ろを振り返れば、サンフランシスコが美しく見えますね~↓
サンフランシスコ

着いた~↓
アルカトラズ

アルカトラズの地図

ここがメイン刑務所の入り口。音声ガイド(日本語もあり)を受け取って、いよいよアルカトラズの見学開始です。
一つ一つの部屋はとても狭く、トイレと洗面台とベッド、そしてちょっとした机と椅子のような台があるだけです↓
アルカトラズの中1

アルカトラズの中2

音声ガイドに従って、色々な部屋や通路を見ていきます。この島から見えるサンフランシスコは彼らにとっては、すぐそこにみえているのに自分達には手に入らない自由の島。中には脱獄を図るものもいたそうだけど、この海を渡り逃げたものは一人もいないとか。
アルカトラズ島からのサンフランシスコ↓
サンフランシスコ2

脱獄を図った人が、スプーンであけたという穴↓部屋の後ろにある配管部屋から逃げたそうだが、その後の行方はわからないそう。
ホントに穴が開いてます・・・

ここは刑務官や所長がいたお部屋↓
職員の部屋

昔、ここが刑務所になる前は軍に利用されていたそうで、この建物から侵入者がいないか見張っていたそう↓
アルカトラズ島3

アルカトラズは非常に費用のかかるシステムだったらしく、途中で廃止になったそう。こういうところまで、観光地にしてしまうアメリカってすごいなぁと思いつつ、アルカトラズ島を後にしたのでした。

2008.05.24 Sat l 旅行 l COM(0) l top ▲
今回泊まったのはここ、『マンダリンサンフランシスコ』。
さすが、マンダリンホテル、とっても居心地の良いホテルでした~。
お部屋は広々として、ビューもとっても良い
マンダリンサンフランシスコの部屋1

お部屋2

反対側の窓からは海もみえます


ホテルに到着すると、ジャスミンティーのサービスがきます。ダンナくんは早々に仕事に出かけてしまったので、1人でお茶タイム。うーん良い香り。クッキーが2枚・・・湿気ちゃってももったいないし、2枚とも、いただきまーす茶器も、それが入っているかごもなんだかオシャレ
ジャスミンティーのサービス

こんな風にはいっています


ホテルの通路には一部、サンフランシスコの街を見渡せるようになった場所があり、そこからの眺めもサイコ~
夕焼け


朝食も優雅な内装のレストランでゆったりといただけます。ビジネスマンばっかりだからあまりゆったりもしていられない人ばかりだけど・・・。とっても美味しい朝食でした↓
ホテル内のレストラン

朝食


場所も、エンバカーデロセンターからとても近く、ユニオンスクエアにも頑張れば歩いていける好立地。とても快適で優雅に過ごせたのでした
2008.05.23 Fri l 旅行 l COM(0) l top ▲
急なダンナくんの出張にくっついて、サンフランシスコへ。
渡米したての頃に一度サンフランシスコへ遊びに行ったことがあったが、じっくり街を歩くのは今回が初めて。1日中仕事のダンナくんを見送った後、どこいこうかな~とホテルのコンシェルジュに観光名所を聞いて、いざ出陣。

まずはユニオンスクエアへ。
ユニオンスクエア

この辺りはショッピング天国デパートも、ブランド店も、なんでも揃っています。1日いても飽きないかも~と思いつつ、ここでサンフランシスコ名物のケーブルカーに乗ってみることに。

このケーブルカー、1世紀以上も前から人々の足として活躍しているのです。方向転換はグリップマンという人たちが人力で行い、この風景も名物なのです。
回転させて・・・(観光客みんなが写真を一斉に撮るこの風景!)↓
ただいま回転中

乗り場まで押していきます↓
乗り場まで~

ケーブルカーに乗って、チャイナタウンまで。サンフランシスコのチャイナタウンは活気がありますね~↓
向こう側に海がみえて、とってもきれいな景色!


チャイナタウンを出て東へ行くと、フィナンシャルディストリクトという西海岸のウォールストリートともいわれる場所へ。ここにあるエンバカーデロセンターは6つのビルから構成され、オフィスの他に多数のショップやレストランもあります。スーツ姿のビジネスマンたちが行き来する、オフィス街なのです。
エンバカーデロセンター


ここをさらに東にぬけると、フェリービルディングという、フェリー発着場のあるビルへ。
フェリービルディング

この中にもショップがいくつもあり、サンフランシスコのお土産になりそうな、サンフランシスコオリジナルのチョコレートやパン屋さんが軒を連ねています。中にはキャビアカフェというお店まで!ここでキャビアを食べながら一杯飲んでフェリーを待つ、なんていう人もいるんでしょうかね~↓
キャビア~

このビルを通り抜けると、フェリー乗り場があります↓
フェリー


サンフランシスコといえば、なんといってもフィッシャーマンズワーフダウンタウンからはレトロな感じのミュニメトロ(Muni Metro)に乗ってGo。
ミュニメトロ

沢山のシーフードのレストランや、蟹を売っている出店が並び、観光客であふれかえったフィッシャーマンズワーフははずせない観光地。
フィッシャーマンズワーフ

フィッシャーマンズワーフ2

こんなカワイイ蟹もいます↓
お花でできてるカニちゃん

沢山のシーフードのお店の中から、お友達にオススメしてもらっていた『Scoma's』というお店へ一直線したのですが・・・まだオープンの時間にはなっておらず、オープンを待っていると次の予定に間に合わなくなってしまうため・・・断念。おいしそうなお店だったんだけどなぁ・・・。
気を取り直していったのは『Franciscan Restaurant』。ピア40・1/2にあります。ここの3種類のシーフードのプレートはアツアツの鉄板で出てきて、湯気がモクモクして見た目からして美味しそう
3種類のシーフードのプレート

クラムチャウダーはポテトがたっぷり(というか、ポテトが溶けていたかも!?)↓
クラムチャウダー

カラマリ(イカ)のから揚げはクリスピーで美味しい↓
カラマリ

ゆっくりしている時間がなかったので、お店の人に急いでね~と頼んだら、とてもスピーディーにサーブしてくれて、サービスもなかなかGoodでした

アップダウンの激しいサンフランシスコ。車で坂の上からくだりにさしかかると下が見えず、本当にジェットコースターの気分が味わえます。遠くからみるとサンフランシスコってこんな坂の町なんですよね~すごい!
急勾配の坂


とても情緒のある美しい街を歩き回って、ちょっぴりサンフランシスコの住人気分を味わえたのでした。

2008.05.22 Thu l 旅行 l COM(0) l top ▲
ビバリーヒルズにある、カフェ『boule』。
ここでは『Patina』という名店でパティシエをしていた、ミシェル・マイアーズが手作りをしているチョコレートを楽しむことができ、LA一のチョコレートと言われるほどのお店なのです。チョコレートは一粒2ドル以上というかなりのセレブ価格。

セレブも通うといわれるこのお店、場所もショッピングセンターのビバリーセンターからも近く、ちょっと甘いものが食べたくなったらここで一休み、がセレブたちのコースなのかもしれません。

ここのスイーツはさすが、どれも上品な味で美味しいので、ちょっとした手土産にも良いかな~と利用しています。手土産ついでに自分用もしっかりと選んで、気づいたら自分用ばかりになっていたりして
どれも美味しかった!


このクラッシュアーモンドなどのチョコレートもかなりお気に入り↓
アーモンドチョコ2種類


店内もとってもオシャレ。フランスの紅茶やオシャレなグッズも置いてあったり、乙女心をくすぐりますね~↓
店内1

マカロンもありますよ~


暑い日に、とっても濃厚だけどさっぱりしているソルベもGood
ラズベリーのソルベ


先日は、ここを目指して行ったら、何かの撮影をしていてClose。オシャレなお店だもんね~↓
何の撮影かな~


オシャレな雰囲気を楽しみたいときに、大満足のお店です

boule
住所:408 N.La Cienega Blvd. Los Angeles
HP:http://www.boulela.com/
2008.05.20 Tue l レストラン l COM(0) l top ▲
日本食スーパーマーケット、ミツワにて日本からたこ焼きやらスイーツやらの実演販売がやってくるという、題して『うまいもの市』というものが開催されました。
これと~あれと~、と食べるものリストを真剣に考えて広告に見入る私。

まずは『くじら軒』のラーメン。スープに魚介のダシがしっかり効いていて美味しかった~↓
くじら軒

くじら軒

仙台から『司』という牛タンのお店も出ています↓
牛タン屋さん

道頓堀が本店のたこ焼き『くくる』おすし屋さんは数多くあれど、たこ焼き屋さんは無いようで・・・久しく食べておらず、期間中何度もきてしまいました~↓
たこ焼き

ゴルフの合間のおやつに・・・『風月堂』のワッフル。これもその場でワッフルを焼いて実演販売↓
クリーム、抹茶、ゴマの3つの味

日本でよく買っていた『らぽっぽ』のスティックポテトとスイートポテト。懐かしい~
スティックポテト

スイートポテト

買うつもりは全然無かったのですが・・・山形からわざわざ『あんちん堂』というお店の社長さんが来て実演販売していた金つば。試食してみたらこれが美味しくて、購入決定↓
きんつば

他にも、できたてのはんぺんなどををおつまみに買ったり、『平野屋』のサバ寿司を食べたりと、日本のデパ地下を凝縮したようなイベントをかなり満喫

こういうイベントがあるたびに、何もなかったシカゴから来たというのも手伝って、海外でこんなに日本の美味しいものが頻繁に食べられるなんてありがたや~と感謝の気持ちでいっぱいになるのでした。
LA万歳
2008.05.18 Sun l スーパーマーケット l COM(4) l top ▲
アメリカは映画がとっても身近。
ただでさえ、日本の映画館よりも安くて(値段は映画館によって違うんだけど)、シートも広々してて、とっても快適なのだが、金・土・日曜日の午前中にいけば$6で観られたりするから、暇つぶしにちょっと行こうかという気になるのです。
映画館にあったカワイイ宣伝↓
これ、ベンチなんです


最近みたのはキャメロンディアスの『What happens in Vegas』。コメディです。暇つぶしにはもってこい。

そして、ちょっと前に見た『21』(邦題は『ラスベガスをぶっつぶせ』5/31~公開みたいですね)。実話に基づく映画なのだが、なかなか面白かったやぼったい格好からオシャレになっていく主人公の男の子がなかなかのハンサムくんですよ~
で、この映画の結末がどうやら原作とちょっと違うらしいので、気になって読み始めたコレ↓
21


表紙も映画と一緒ですね~。日本語版も出てるかな?
どんな結末になっているのか楽しみです。

2008.05.16 Fri l at Home l COM(2) l top ▲
レストランやらショッピングやら色々開拓を続ける開拓民ですが、今度はゴルフのコースの開拓へ・・・いや~忙しい

パサデナにある『Rose Bowl』という有名なアメフトスタジアム。ここで毎年元旦に大学のアメフトの対戦が行われます↓
Rose Bowl


そのすぐお隣にあるゴルフコース『Brockside』へ。ここはかなり長いコースで難しいといわれているところなのですが、すでに知り合いで4人パーティー集まってアメリカ人がまざらなさそうなので挑戦してみよう、と行ってみました。アメリカ人上手だからね~、1人だけまざっていてもすごいプレッシャーを感じてしまうのです・・・。

コースはバンカーあり、池が途中にあり、川を越さなきゃいけないホールあり、と盛りだくさん。久々の35℃超えの暑さにやられ、途中で休憩などをしていたら・・・18番ホールの手前で日が暮れてしまいました
Brockside


スコアは・・・17ホールで135。難しく、長いコースにしては頑張れたかな。ドライバーが相変わらず飛ばないので、またレッスンでもつこうかしら・・・。

2008.05.15 Thu l スポーツ l COM(0) l top ▲
いそいそと夕食前にダンナくんが本屋へ行って買ってきたもの。

ゴルフZAGAT


ゴルフZAGAT
アメリカのゴルフ場のランキングが載っています。

・・・どれだけ行けるかなぁ
2008.05.14 Wed l スポーツ l COM(2) l top ▲
ビバリーヒルズにはオシャレで美味しいお店が沢山あるのだが、ここ『Campanile』もその一つ。
Campanile


隣にはLAで一番美味しいとされているベーカリー『LA BREA BAKERY』も併設されています。なんでもこのベーカリー、このCampanileをオープンするにあたって、美味しいパンがないため自分で作るしかない!と作ったお店だとか。いまや全米のほとんどの人気スーパーのパンコーナーでこのパンをみかけることができるそうです。

このお店の面白いエピソードがもう一つ。
ここはとても素敵な建物なのだが、この建物、実は1929年にチャーリー・チャップリンのオフィスとして建設された建物だそう。ただ、チャップリンが最初の奥さんと離婚するときに財産分与でとられてしまったそうで、チャップリンは結局一度もつかっていないとか。1989年にレストランがオープンする際に外装も内装も変えられたそうですが、ところどころその当時のままになってるところもあるそうです。

お店の中も開放的でとっても良い雰囲気。店内で何組かお誕生日会をやっている家族がいましたよ。アメリカではレストランに家族・親戚・友人などを集めてバースデーパーティーを開いてみんなでお祝いするみたい。素敵ですね
店内の様子


月曜日にはファミリーコースとして3皿コース(1人$40)があって、普段よりもちょっとリーズナブルにディナーを楽しむことができます。

まずは1皿目はホワイトアスパラのサラダ。ホワイトアスパラって、ブヨブヨなイメージがあったのですが・・・ここのはしゃっきりと歯ごたえもあって、ホワイトアスパラのイメージを払拭。濃すぎない味付けがとてもマッチしてます↓
立派なホワイトアスパラ~

2皿目はブラックコッド(タラ)のマッシュルームソースがけ。とても大きなブラックコッドに添えられた、この細かく刻まれたマッシュルームのソースがなんともいえずコクがあって美味しかった~↓
ブラックコッド

3皿目はチョコレートスフレ、ピスタチオアイス添え。スフレも甘さ控えめで美味しく、ピスタチオのアイスはフワッと独特の香りがあってサッパリとしていてなかなか合います↓
美味しいスフレ

ちょっとオシャレな雰囲気の中で食事が楽しめる、素敵なレストランなのでした。

Campanile
住所:624 South La Brea Ave. Los Angeles, CA 90036
323-938-1447
http://www.campanilerestaurant.com/
2008.05.13 Tue l レストラン l COM(2) l top ▲
元メジャーリーガーの長谷川選手が自身のブログで、全米中食べ歩いて一番美味しかったと大絶賛のおすし屋さん『嘉千』。
LAに引っ越してきた頃から存在は知っていたが、他にも美味しいおすし屋さんは沢山あり、近場からせめていたらなかなか行く機会が・・・。
そしてついに行ってみました~しかも美味しくて気に入ってしまい、2週続けて。

店構えはこんな感じ↓
嘉千

中は完全に日本のおすし屋さん。カウンターとテーブル、座敷もあるみたいです。
メニューはないようで、たった一人で切り盛りしている板前さんに自分の好きなものを頼みます。

最初にお刺身の盛り合わせ(鯛・サバ・イカ・ウニ・あわびなど~どれもこれもとびきり新鮮で美味しい)↓
お刺身盛り合わせ


お刺身が美味しくて感動し、さっそくお寿司をおまかせでお願いします。
えんがわのコブ締め。昆布の香りとえんがわの甘みがふわっと口の中に広がって美味でございます~↓
えんがわ

こはだ↓
こはだ

ミル貝↓
ミル貝

煮エビ↓
えび

甘エビ(頭はあとでお味噌汁に入れてくれます。ぷりっぷりで甘くてとろける~)↓
甘エビ

ウニ!文句なし美味しい
うに

トロあぶり。あぶり具合もちょうど良くって美味しい~↓
トロあぶり

あなご。フワフワっと口の中でとろけるおいしさ。タレもさいこー↓
あなご

しめさば↓
しめさば

いか↓
いか

まぐろ赤身↓
赤身

いくら↓
いくら

たまご。ほっとする美味しさ↓
たまご

デザートに抹茶アイス。グリーンティーブームのアメリカでは結構至る所で抹茶アイスをみかけますがハズレも多い中、この抹茶アイスはとっても美味しかった~。この小豆も自家製だそうでとっても美味しい小豆でした↓
抹茶アイス

隣に座っていた外国人の夫婦、なんと1週間に2、3回くるほどの常連さんだそうで、その人たちにオススメしていただいたデザート、『ゴマのプリン』も絶品!茶碗蒸しも美味しかったし、何を食べても大満足のお店です。LAのおすし屋さん、常連さんが沢山きているところだと、ちょっと常連さん以外は行きづらい雰囲気があったりするのですが・・・ここは店員さんも来ているお客さんもみんな気さくでとっても良い雰囲気かなりのお気に入りになりました~。

嘉千
住所:9039 Garfield Ave.,Fountain Valley, CA 92708
714-963-8769
2008.05.11 Sun l レストラン l COM(2) l top ▲
またしてもゴルフ。
いつものコースでダンナくんのお友達も今日は一緒です
先週の水曜日にも実は来ていたので、このコースもすでに4回も回っていることになります。すごいマイブーム・・・。
先週のスコアは自己ベスト(と、呼んでいいのかわからないけど、でも一応自己ベストだからいいよね)を更新して初の150台の158。このくらいヘタだと、自己ベストも次々と塗り替えられて楽しいかも、ふふ。

今日は時間短縮を目指して、初めて電動カートにのってみました。これは楽だわ~とすっかり味をしめました。
今日はパットがとても調子よく、絶対入らないだろう~と誰もが思っていたようなロングパットをワンパットで3つも決めたり、とっても気分よく回ることができました
スコアは・・・自己ベスト更新の150。グリーン周りは結構スムーズだったので、やっぱりドライバーなどのウッドが問題なのよねぇと、反省会をしつつ、他のお友達も呼んで『わかさんち』での和食ディナーを楽しんだのでした

2008.05.08 Thu l スポーツ l COM(0) l top ▲
2回目のアニバーサリーのお祝いにディナーへ時が経つのは本当に早いものです。
ダンナくんがサプライズで予約をしておいてくれたレストランはここ、『Spago』。アカデミー賞授賞式の公式シェフ、ウォルフガングパックのお店で、ミシュラン2つ星を獲得しているお店です。LAにいたら一度は行ってみたい憧れレストランの一つだそう。ビバリーヒルズという場所柄、有名人出没率も高いとか。

オープンキッチン近くの席に通されると、なぜか私たちのテーブルだけにお花がなんとダンナくんが手配をして、お店にお花が届くようにしておいてくれたそうです。ちゃんと花瓶に生けてあって、とっても素敵なバラ。やっぱり女性ははお花をもらうと感動しちゃいますね~
お花のプレゼントもサプライズ!


オープンキッチンでは忙しそうにお料理を作っています↓
オープンキッチンの様子

店内は満席に。ここは予約もなかなか取れないとか↓
テラスの席もあります

せっかくなので、5品のtasting course($95)を注文。ダンナくんはお料理に合わせたワインコース($135)を。どんなお料理がでてくるのか、かなり期待して待っていると・・・

まずコースのスタート前に5品のおつまみが出てきました。
マグロのスパイシータルタル。周りはゴマのおせんべいでパリパリしていて美味しい↓
ツナタルタル

バジルと何かのタルト・・・忘れてしまった・・・↓
バジルのタルト

チーズのサーモン包み、いくらのせ↓
サーモンとチーズ

これまた何が入っていたか忘れてしまいましたが・・・パイ包み。これはモチモチして熱々で美味しかった↓
モチモチのパイ

ルバーブのソルベにアールグレイの紅茶をかけてた一品。ルバーブもなかなか日本では使われない食材の一つかな。さっぱりしていてほんのり甘くしょっぱい面白いお味。アールグレイをかけるというのもなかなかのアイデアとっても良い香りのアールグレイでした↓
ソルベ


ここで、このお店のオーナー、ウォルフガングパックさん本人が各テーブルを回って挨拶しているのを発見おぉー、本やテレビでみるのと同じ顔だわ~と興奮しているうちに私たちのテーブルへ。握手をするのが精一杯で、隣のテーブルにうつってしまったパックさんを見送っていると、ダンナくんがウェイターさんに『彼と写真が撮りたいんだけど』と一言。快く引き受けてくれてその旨をパックさんに伝えてくれました。テーブル全部を回り終えたパックさん、『さぁ、写真の時間だよ~』ととても気さくに写真を撮りに来てくれ、すっかりパックファンに良い人だわ~日本でもきっとパックさんのお店に行きます~。

ここからコーススタート。
前菜に、ホワイトアスパラのサラダ(左)とクラブケーキ(右)。こんな美味しいクラブケーキは初めて食べたというくらい、蟹の身がたっぷり入って、ふっくらジューシー↓
ホワイトアスパラとクラブケーキ

グリーンピース(ウェイターさんはEnglish Peaと言っていました)のラビオリ。ほんのり甘くて、クリームソースもしつこくなく、美味しかった↓
ラビオリ

グルーパー(ハタ科の魚。アメリカのレストランでは良くみかけるけど日本での名前はなんていうのかしら・・・)のソテー。小さなムール貝が添えられ、貝のダシがよく効いたソースがとってもGood↓
お魚料理

神戸ビーフ(いまやアメリカで高級ブランドとしてその名を確立しています)のステーキ(左)と、赤ワイン煮込み(右)。煮込みはとっても柔らかく、とろける~↓
お肉料理

デザートにはチョコレートケーキ。これ、よく見ると12層になっているんです。ダンナくんがちゃんとアニバーサリーということを伝えておいてくれたらしく、デコレーションされて出てきましたよ↓
チョコレートケーキ

デザートのときに注文したアールグレイ。こんな茶器で出てきました。今日本食ブームのアメリカでは、ちょっと南部鉄器っぽい感じが、きっとアメリカ人の心をくすぐる演出なのでしょうね~↓
緑茶じゃないですよ~

最後に出てきたお菓子たち。さすがにお腹いっぱいで、家に持ち帰りましたが、どれもこれも美味しいお菓子でした↓
お菓子


最初は、アカデミー賞の公式シェフと言ったって、ここはアメリカだしな~と思っていたのだが、さすがSpago本店ということだけあって、お店の人のサービスはとても感じがよく、店内も和やかに食事ができるとても良い雰囲気食事も美味しかったし、パックさんにも会えたし、とても思い出深いアニバーサリーになったのでした

Spago
住所:176 North Canon Dr. Beverly Hills, CA 90210
310-385-0880
HP:http://www.wolfgangpuck.com/restaurants/finedining/spago/beverlyhills/diningmenus.php
2008.05.05 Mon l レストラン l COM(2) l top ▲
今日は友人夫妻と『鶴橋』で焼肉ディナー。
その帰りに友人宅へお邪魔させていただいて、ロングヘアーチワワちゃんをみせてもらうことに1匹は日本から連れてきた子で、もう1匹は最近こちらで飼い始めたというまだ赤ちゃんの子。きっと可愛いんだろうな~とワクワクしていくと・・・

玄関を入った瞬間から、元気いっぱいのお出迎え
遊んで、遊んで~↓
はじめまして~

この子は3歳↓
チワワ君

この子は3ヶ月。とっても元気いっぱいで動きもすばやく、写真撮るのも大変~
チワワちゃん

飼い主のママのお膝の上でちょこんと座ってカワイイ~
シャッターチャンス到来


一日中みていても飽きないかも~と、すっかりロングヘアーチワワのとりこになりました癒しのひと時でした。
2008.05.04 Sun l その他 l COM(2) l top ▲
今日は日本から来ていたダンナくんの上司の方たちと一緒に、ミシュラン1つ星のイタリアン『La Botte』へ。
ミシュラン1つ星

部下の妻にまでお気遣いをいただいて、と恐縮しながらレストランへ

外観はこんな感じ↓
La Botte

お店の中の雰囲気も、気取りすぎず、とっても良い雰囲気
ラボッテ店内


アーティチョークのサラダ、蟹肉のイカ墨のパスタ、プロシュート、鯛のグリルなどなど・・・
さすがにお料理は写真に撮れませんでしたが・・・どのお料理もとっても美味しくてさすがミシュラン1つ星
最後はデザートのティラミスを堪能して、さらにダンナくんが食べていたパンナコッタも・・・とっても美味しい
お店の人も面白かったし、良いお店を知ることができて、大満足。美味しかった

La Botte
住所:620 Santa Monica Blvd. Santa Monica, CA 90401
310-576-3072
HP:http://www.labottesantamonica.com/
2008.05.02 Fri l レストラン l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。