上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
シカゴから飛行機で1時間弱。
ダンナくんの友人夫妻のいるケンタッキー州のレキシントンというところにお邪魔しました
ここは馬産地として有名な場所らしく、牧場が沢山あります。のどかですね~↓
牧場に囲まれてます

牧場の風景


午前中はお友達オススメのバーボン工場へ。ここではWoodford Reserveというバーボンをハンドメイドで作っているそうです。お酒のことは全くわからない私、バーボンはケンタッキー州が主産地だとここで初めて知りました。
バーボン蒸留所

中に入ると、こんな展示があって、バーボンについて色々と知ることができます↓
展示1

この会社のラインナップ

熟成する前と後の香りをかぎ分けられます


いよいよ、バーボン作りを見学するツアー開始です。
とうもろこしなどの原料からどうやって作るかの説明や↓
ツアーの様子1

発酵過程がみれたりします。これが発酵1日目↓
発酵一日目

こっちが2日目。ブクブクしているがわかるかな?↓
ブクブクしてます。においも・・・

しかもこの段階をちょっとなめたりできます。お味のほうは・・・
これは1日目の方。2日目のはもっとドロっとしてます


蒸留の過程をみたり、代表者1人が樽の栓をしてその樽にサインをしたりと、お酒が飲めない人でも結構楽しめます。樽が沢山並んで熟成されている部屋は入ったとたんにバーボンの香りが。この香りだけで酔いそうよ~↓
蒸留しています

蒸留2

ここでバーボンをつめて、栓をします

樽の部屋


この過程を経て、最初はこんな色だったバーボンも↓
最初は透明

こんな色になるのです↓
琥珀色に!

毎年ケンタッキーダービーというレースのために作られるケンタッキーダービーボトル。これは今年バージョン。ちゃんと日付入りです。ダンナくんは嬉しそうに後で購入していました↓
ケンタッキーダービーボトル

ツアーの最後に、試飲ができます。あま~いチョコレートと一緒に飲む(私の場合はペロッとなめる?)バーボンは、とても良い香り!味は大人の味・・・。
試飲できます


お友達に勧めてもらったここでランチに食べた煮込んだポークの入ったサンドイッチがなかなかの美味。この地域ではよくみかけるお料理だそうです。午前中、たっぷり遊べたバーボン工場でした。

スポンサーサイト
2008.04.24 Thu l 旅行 l COM(2) l top ▲

コメント

No title
牧草地の写真、とっても綺麗に撮れているね!それにしても、バーボン工場の様子、やっぱりその工場によってもちょっと違うのが面白い♪一時期、バーボンを使ったカクテルにちょっとはまってしまいました。途中の工程の味、ちょっと甘酒っぽくない?
2008.06.09 Mon l ともこ. URL l 編集
>ともこさんへ
ともこさんたちは、蝋でシールする工場に行ったんだよね~。やっぱり全然違う?
途中の工程、確かに甘酒っぽいような、ちょっと甘みのある味だったね~。
2008.06.13 Fri l Bee71. URL l 編集

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。