上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
イエローストーン2日目。さらに、雪は深くなり・・・
ダンナくんの愛車もこんな雪化粧↓
朝一はもっと雪がつもっていたんです・・・
通行止めもひどくなり、この地図上の緑の線は全て通行止めという悲惨な状況に↓
通行止めになるとは~

それでもせっかくきたんだから~と見所巡りを開始
まずはブラックサンドベイスンへ。短いトレイルを歩いて、必見のエメラルドプールを目指すのですが・・・
ぜんっぜんエメラルドじゃないっ
エメラルド・・・プール
ここは水中に繁殖した黄色い藻の色に空の色が合わさってエメラルド色になるというのですが・・・やっぱり空が雪の空なのでどんよりしていて・・・エメラルドにはなりませんでした。雪景色もいいけどエメラルドが観たかった~
サンセットレイクなどもブルーと黄色のコントラストが楽しめるはずが・・・
白いですね~
他と同じように、自然のマジックは見ることができず。残念。

ビスケットベイスンへ。
ここは有名なサファイアプールがあります。ここはサファイア色に見えました~写真だとほんのり・・・だけど肉眼だとちゃんとサファイアでしたよ~。晴れていたら目の覚めるようなキレイな色なんだろうな~↓
キレイなブルー

キャニオンカントリーのビジターセンター。ここにはシアターなんかもあったりして、イエローストーンの自然についてたっぷり学ぶことができます↓
キャニオンのビジターセンター

ここのアーティストポイントは、イエローストーン国立公園の名前の由来であるイエローストーン大峡谷を眺めることができる、最も人気のある展望台。イエローストーン大峡谷は長さ32kmにわたって続く黄色い絶壁なのだそう。
雪も手伝ってか、なんだかとっても迫力のある絶景↓
アーティストポイントからの絶景
アッパー滝↓
アッパー滝
マッドボルケーノと呼ばれる地域。泥沼がボコボコと沸騰しているのはちょっと不気味だけど面白い風景です↓
マッドボルケーノ
ドラゴンマウス。龍の口に・・・湯気で全体像が見えませーん↓
有名じゃないかもしれないけど・・・面白い名前だったので・・・

ウエストサムのトレイル。ここはイエローストーンレイクにあるのだが、このイエローストーンレイク、北から眺めると手のような形をしており、この地域はちょうど親指にあたるのでこの名前なのだそう。
かなり沢山の温泉がある中で、ひときわブルーのキレイな色の温泉がここ、ブラックプール。以前は黒いバクテリアが繁殖していたが、水温が上がって死滅したため青くなったそう。とてもキレイなブルーに吸い込まれそう↓
ブラックプール

湖畔に温泉が湧いています。これはビッグコーンと呼ばれるもの↓
ビッグコーン
これはフィッシングコーン。昔、釣り人が釣り上げた魚をこの中へ落としてしまい、その魚が茹で上がってしまい。その場でその魚を食べることができたそうな。その後それを真似する釣り人が続出。時折噴出する熱水で大ヤケドをする人もおり、現在では禁止されているそう・・・(ホンマかいな)↓
フィッシングコーン

6月なのに雪が降るのは珍しいそう。本当はもう1泊する予定だったのだが、あまりにも寒く、そして雪は次の日も続くという予報だったため晴れてる景色を見れそうもないと判断し、宿泊予定のホテルをキャンセルして、イエローストーン→LAという時間にして約15時間の無謀な運転にダンナくんは挑んだのでした。(ちなみに私はフリーウェイが怖くて乗れないので、まったく運転せず・・・)

今回の走行距離なんと合計3949マイル(約6318km)。日本列島を往復できます。
やっぱり広いぞ、アメリカ
スポンサーサイト
2008.06.12 Thu l 旅行 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。