上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今回の旅行の最後の目的地、『ジョシュアツリー国立公園』
公園入り口↓
ジョシュアツリー公園入り口


ここは地球の歩き方にはあまり詳しく載っていない国立公園なのだが、車で走りぬけるだけで2時間くらいかかるという大きな国立公園なのです。
大きさ、わかるかな?


名前の通り、『ジョシュアツリー』という木が沢山はえている公園なのだが、この木、面白い形をしています。昔、アイルランド出身のロックバンドU2のCDジャケットにこのジョシュアツリーが使われたらしいですよ。

ビジターセンターでMAPをもらって、どこが見所か教えてもらえます。ざっとみてまわるだけで4時間は必要らしい・・・。公園内にはお店も一軒もないのでお水を持っていない人はここが最後のチャンスです。(ちなみに思いのほかじっくり回ってしまった私たち、お昼を買う場所も当然なく、お昼抜きでお菓子をポリポリしながら回ってきました

ビジターセンター↓
ビジターセンター外観


中では色々説明もしてくれるし、ツアーもあるみたいです↓
中ではお土産も売ってます


これが、ジョシュアツリー↓
ジョシュアツリー


近づいてみると幹の部分がこんなささくれだっているんです↓
ジョシュアツリー2


一緒に行ったIさんが後で調べてくれたところによると、この木、一年に10cmしか伸びず、厳しい砂漠の気候で200年も生き抜く木もあるそうです。木は繊維でできているので年輪を判別するのが難しいらしい(詳しくはこちら(英語だけど)→http://en.wikipedia.org/wiki/Joshua_tree)。

この木の名前の由来は、旧約聖書のモーゼの後を継いだジョシュアが天に手をあげている絵だとのこと(ご参考→http://en.wikipedia.org/wiki/Image:Dore_joshua_sun.jpg真ん中で手をあげているのがジョシュア)。

この木が生えている一帯は、本当にこの木と砂漠しかみえないのだが、少し車で行ったところから巨大な岩・岩・岩、が出現。
岩出現


どうやらここはロッククライミングが楽しめる公園でもあるようで、みんなテントを張って、キャンプをしながらロッククライミングを楽しんでいます。
道具も持って本格的↓
本格的な人たち


岩とか山とかみるとよじ登りたくなるのか、ダンナくんもIさんのダンナさまも頑張って登って楽しそうでした~

さらに進むと、高台からこのあたり一帯を見渡せたり↓
何にもないねー


こんな変なサボテンが生えているところがあったりします。
たわしみたいなサボテン


ズームアップ(これ、ものすごくトゲトゲしていて、靴にささって大騒ぎしている女の子がおりました・・・)↓
鋭いトゲ!


これはコットンツリーという木↓
コットンウッド


みんな生えている場所がここにはこの木、ここにはこのサボテンと言う風にまるで栽培しているかのようにエリアが偏っているのです。そんなに離れた場所じゃないのだから種が飛んで、コットンツリーとジョシュアツリーが一緒に生えていても良さそうなものなのに、その点も興味深いなぁ。

今回のこの旅行では野生の動物を観ることができなかったけど(みんな冬眠なのかな)、不思議な化石とか植物とか、きっと日本にいるだけでは見ることのなかったものに触れ合えて、美しい景色に癒されて、とても楽しい旅行になったのでした
スポンサーサイト
2007.12.04 Tue l 旅行 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。