上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
この前日本に帰った際に買ってきたイタリアンの料理本。
ここに手打ちパスタの作り方が載っていて、単純な私、『ほほ~ぅ、意外と簡単そうだし、美味しそういっちょ、やってみますか』とノリノリに
その本には強力粉と書いてあったのですが・・・アメリカの小麦粉はAll Purpose、つまり何でも屋みたいな小麦粉が大多数。薄力粉とか、強力粉という風な分類がされていないのです。まぁそれでもいいか、と思っていたら、なんでもこだわるダンナくんが一言、『やっぱパスタはデュラムセモリナでしょ~』。
そ、そうなんですが・・・あれってこねるのかなり大変って言うしな~、どこに売ってるかもわからないしな~とブツブツ言ってみたものの、やっぱり一番最初に作るのは美味しいほうがいいに決まってると決心をし、オーガニックスーパーマーケット『Whole Foods』へ。
ありました、デュラムセモリナ粉↓
デュラムセモリナ粉


パスタマシーンがないので、太くてもOKなフェットチーネに挑戦することに決定
一晩生地を寝かせるとコシがつよくなって美味しいパスタになるそうなので、2日がかりでつくってみました。

まずは卵1個とデュラムセモリナ粉100g(これで2人分)、塩とオリーブオイルを少々を混ぜながらこねる、こねる。
デュラムセモリナだからなのか、かなり粘って、力も必要思った以上に大変だぁ~と言っていたら、ダンナくんのヘルプが。さすが男の人の力はすごいな~。
30分くらいこねて・・・↓
最初はネバネバして、途中でめげそうになります・・・


キレイにまとまったらラップをして一晩冷蔵庫で寝かせます↓
生地を寝かせる前


翌日いよいよ、のばして切る作業に突入。

打ち粉をしながら、のばして・・・↓
1mm以下を目指してます


なるべく均一に切って・・・↓
均一を心がけて・・・


できた~
くっつかないように打ち粉をしてね



フェットチーネにはクリーム系のソースが合うので、今回はスモークサーモンとクリームのソースにしました(生クリーム200cc、牛乳100cc、スモークサーモン80g、適宜塩・コショウ)↓
ソースの準備中


たっぷりのお湯で、パスタを茹でて・・・↓
きしめんみたいや~


ソースにからめて、

完成

ちょっと太かったかなぁ・・・


サラダとスープとともに、ディナータイム
めしあがれ~


モチモチしていて、自家製パスタを売りにしているレストランのようなおいしさ~
初の、自分で手打ちパスタ、感動モノです
また作ろ~っと。
スポンサーサイト
2008.02.16 Sat l Cooking l COM(4) l top ▲

コメント

No title
わぁ、すごいね~!!
美味しそう。2日がかりかぁ。やってみたいけど打ち粉の後片付けの事を考えると・・・やっぱりやめとくか。
WHOLE FOODSいいな。日本上陸しないかしら。
この粉、同じシリーズのパンケーキ用を使っていたよ。懐かしい。
2008.02.20 Wed l Kana. URL l 編集
>kanaさんへ
2日がかりっていうとなんだかすごそうだけど、思ったよりもすぐにできたよ~。打ち粉の後片付け・・・確かに面倒だねぇ。私は大きな板みたいなものがなかったからキッチンの台の上にラップを敷いて生地をのばして、ラップごとささっと捨ててしまったんだけどその戦法、なかなか良かったよ。
2008.02.21 Thu l Bee71. URL l 編集
No title
手打ちのパスタ、おいしいよね~。日本にいた時、そのあまりのおいしさにパスタ教室に通って作っていたよ。でも、家では一度しか作った事がない(笑)
手作りといえば、餃子の皮も手作りすると美味しいよ。
2008.03.08 Sat l ともこ. URL l 編集
>ともこさんへ
パスタ教室通ってたなんて、本格的!私は本とネットとにらめっこしつつ、なんとか作ることができたよ。シカゴで初めて作って以来、餃子の皮も頑張って手作りしてるよ。e-271モチモチして美味しいんだよね~。
2008.03.10 Mon l Bee71. URL l 編集

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。