上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
LAから車で約5時間、カリフォルニア州とネバダ州をまたぐ国立公園『デスバレー(Death Valley)』へ。

デスバレー入り口


ここはアメリカ国内48州のなかでも最大の面積を誇る公園で、日本の福島県とほぼ同じ面積だそう。西半球で最も低い土地(海抜マイナス86mが最低地点)であり、また夏の暑さは気温50℃を超えることもあるという。おまけに降水量は年間わずか50mmたらずで1929年と1953年にはなんと年間降水量がゼロという記録も持つ、まさに灼熱の土地なのだそうだ。

こんな灼熱のところには夏に行くと危険で、今しかチャンスがない、と少し強行スケジュールだが、日帰りで行って来ることに。前回他の国立公園をめぐった教訓を元に、クーラーボックスにたっぷりの水と、おかし、おにぎりを持って(国立公園には食べるところがほとんどないので、必ずと言っていいほどお昼ご飯を食べそびれるのです)、いざ出発

途中こんなアメリカを感じる景色を観ながら・・・↓
途中の景色1


途中の景色2


途中の景色3


相変わらず、LAを少し離れると、極端に街が少なくなり・・・ガソリンはこまめにいれつつ、それ以外は休憩なしで頑張ったおかげで午前中にはデスバレー到着。


View Pointがあったので、ちょっとそこで車を停めてみました。こんな景色が広がります↓
景色4


詳しい地図をレンジャーステーションでもらって、見所巡りを開始!
レンジャーステーション以外にも、Furnace Creek Visitor Centerというところにはありとあらゆる公園の情報があるそうです。
visitor center1


visitor center2


途中、こんなお花畑が広がって、ここにも春が来てるんだなぁと少しホッとしたり↓
お花畑


このお花、アメリカ南西部だけに自生する『Hairy Desrtsunlower』というお花だそうです。みんな太陽の方を向いて咲いていました↓
風にゆれて可憐です


夏の日は暑すぎて歩けないということなのだが、今はすでに暑くなってきたとはいえまだシーズン。キャンピングカーで沢山の人がこの『ゴールデンキャニオン』にきていました。ここは人気のトレイルの場所だそう。時間もなく暑くて眺めるだけの私たち・・・↓
ゴールデンキャニオン


この公園で、ずーっと前から見たかったもの。
それはレーストラックという場所にある『ムービングロック』。ここはかつて湖底だったという干上がった土地で、ところどころに石があり、これが少しずつ動いた跡がついているそう。複数の石が同じ方向に動いている場所もあるそうで、強風によって石が動いたとする説が有力らしいのだが、まったく逆の方向に動いている石や中には直径1mもの大きな石があったりするというから、謎の多い石なのだそうだ。しかも!この石が動く瞬間を見た人がいないというのも神秘的。あぁ、ここでずーっと石の観察をしていたい・・・と念願のデスバレーにやってきたわけだが、このレーストラックという場所まで行くのに、相当の悪路を行かなければならないらしく、レンジャーの人にJeepじゃないと行けないよと言われて、泣く泣く断念したのです。あぁ、これだけが心残り・・・。

でも、久々の充実した国立公園巡りに大満足。
最後はこんな素敵な夕日まで見えて、楽しい旅行の締めくくり、なのでした。

夕焼け1


夕焼け2


スポンサーサイト
2008.03.10 Mon l 旅行 l COM(2) l top ▲

コメント

No title
デスバレー、私達も前にいったことがあるけれど、夏だったのでツアーに参加してしまって、何かをゆっくり眺める時間はそんなになかったので、今回の日記を拝見できて、とても嬉しかったよ。
ムービングロック、私も見たいけれど、なんでもここに行って帰ってくるまでにタイヤが2つパンクしたりとかもあるらしいし、ガイドさんすら今まで行った事がないと言っていたから、なかなか難しいのかも。でも見てみたいよね。私もそれが唯一の心残りです。
2008.03.10 Mon l ともこ. URL l 編集
>ともこさんへ
ガイドさんでも見たことがないのか~ムービングロック。そりゃ、無理かもねぇ。行けないとわかったときはかなりガッカリしたけど、そう聞くとまぁ仕方ないと思えるよ~e-282
2008.03.11 Tue l Bee71. URL l 編集

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。