上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
1906年、セオドア・ルーズベルトによってアメリカ初の国定公園に指定されたこのデビルスタワー。映画『未知との遭遇』でUFOが舞い降りたのもここだそう。
デビルスタワー入り口

遠くの方に見えてきました↓
デビルスタワー1

ビジターセンターに飾ってあったこの絵。これはこのデビルスタワーの言い伝えを表しているのです。沢山ある言い伝えにほぼ共通するのは、人間がクマに襲われた際、この岩がぐんぐん伸びてデビルスタワーになり、一生懸命よじ登ろうとしたクマの爪あとが、このデビルスタワーの縦の溝なのだそう。
ビジターセンター

伝説を伝える絵


この岩、マグマでできているそうだが、周りをぐるっと囲んでいるトレイルを歩きながら見上げていると、人も登っていたりします・・・。ほとんど垂直なのに、すごい。
デビルスタワー2

下から見上げるとますます迫力ある~


ここに突然ポツンとあるデビルスタワー。なぜかちょっぴり神聖な気持ちで見つめてしまうのでした。
2008.06.09 Mon l 旅行 l COM(0) l top ▲
ラピッドシティから車で約1時間半。このバッドランズは、名前にも納得の、とても荒々しい土地。写真で見ていたときは、よくある岩山か・・・と思っていたのだが、実際に目にしてみると、この起伏の激しい土地の不思議さに圧倒されるのです。
バッドランズ

突然目の前に現れるこんな風景↓
不思議な光景だ~

ビジターセンター。そこからの風景もとても良い↓
ビジターセンター

ビジターセンターからの眺め


ビューポイントで止まりながらのドライブだが、どこもかしこもこんな風景で見るところばっかり自然にできた地形だけど、本当にすごいな~。
バッドランズ1

バッドランズ2


化石の道というトレイル。2600~7700万年前はこのあたり海だったり湿地だったりしたそうだが、その頃生息していたワニ、カメなどが堆積し化石になったらしい。その化石がトレイルの脇にちょっとだけ展示されているのがこの化石の道。周りの風景をのんびり楽しみながらお散歩ができます↓
化石の道


岩だらけかと思いきや、こんな緑と岩の場所もあるんですね~本当に不思議な土地!↓
岩の中に草原?

うさぎちゃんもいましたよ↓
うさぎちゃん発見


イエローマウンズと呼ばれる場所は、太陽があたって金色に。確かに金色~
黄金だ~


プレイリードッグが沢山いる場所へ。本当にあっちこっちにいます。警戒心が強くてなかなかそばにはいけないけれど、とってもしぐさがカワイイ~↓
プレイリードッグ


こんな風景の中にいるバッファローの群れ。改めて、自然のすごさを思い知らされた国立公園なのでした。
ちょっとケンカ中のバッファロー
2008.06.08 Sun l 旅行 l COM(0) l top ▲
クレイジーホース・メモリアルから車で約20分。4人の歴代大統領が岩山に彫られたマウントラシュモア国立記念碑に到着。年間200万人以上が訪れる人気の観光スポットなだけあって、多くの人でにぎわっていました。
マウントラシュモア


入り口↓
入り口

既にみえてきた~↓
見えてきました

一度は写真などで見たことがあるのでは?↓
大統領~

メガネもちゃんと彫られていたりして、なかなか細かいのです↓
わかるかな~

資金不足のために未完成のまま中断されているそうだが、いつの日か、完成したものを見てみたいものです。

2008.06.08 Sun l 旅行 l COM(0) l top ▲
スー族の英雄クレイジーホースの巨大な彫像がある、クレイジーホース・メモリアル。1948年に工事が始められたそうだがまだ制作途中で、実は顔の部分しかできていないのだが、ついでに寄ってみよう~と行ってみた。
クレージーホースの入り口


ビジターセンターもとても大きくて色々な情報が満載です。
ビジターセンター

クレイジーホースはこれ。岩を彫って作っている巨大彫像はこれとまったく同じになる予定らしい。完成はいつなのかしら~↓
クレージーホースの像

こうなる予定みたい↓
こんな感じで彫っていくんだね~


巨大な彫像のクレージーホースまで近づけるバスがありますが、チケットについてスタッフに尋ねると『今日は年に一度、2日間だけクレージーホースのところまで歩けますよ』と一言。年に一度だけと聞いたら行かずにはいられないどうやらこの日、年に一度の歩くことを促進するイベントをやっているようで、8マイルの道のりを歩いて、みんなで健康になりましょう、ということらしい。
イベントの入り口


そんなつもりもなく、ちらっと見るだけで次の観光地に行こうとしていた私達。お昼も食べずに歩き始めてしまったため歩きとおせるかしら~とゆっくり歩いていたのだが、山の中を歩くのは森林浴みたいでとっても気持ちがよかった~
だいぶ登ってきたけど、まだまだ遠いな~↓
山登り~

普段は本当に入れないんだな~とわかる看板↓
普段は入れないのね~

だんだん近づいてきた~↓
巨大かも~

途中マウンテンゴートが。大きなヤギだな~↓
ヤギさん


やっと頂上についた~どーんと大きな顔!!↓
大きなお顔!

山の頂上からの眺めってとってもキレイ↓
上からの眺め

こんな山を登ってきたんだな~↓
沢山の人が登ってます


偶然、年に一度のこのイベントに遭遇できて、予想外の山歩きだったけどとっても楽しかった
2008.06.08 Sun l 旅行 l COM(0) l top ▲
ユタ州南部にあるアーチーズ国立公園。その名の通りアーチのような岩が集まっており、自然にできたこの不思議な岩をトレイルなどを歩いてたっぷりと堪能できる国立公園なのです。
アーチーズ入り口


まずは朝一番で、日中は混みあって車を停める場所を探すのが大変というデビルスガーデンへ。
トレイルのスタート地点からして、すでに岩の壁に囲まれています↓
デビルスガーデンのトレイル

トンネルアーチ↓
トンネルアーチ

アーチの窓の部分にパインツリーが生えているので、その名もパインツリーアーチ↓
パインツリーアーチ

トレイルの途中の景色も、へんてこな岩が沢山あって、面白い↓
岩だらけの景色

ランドスケープアーチ。一番細いところで1.8mというこのアーチ、いまにもポキっと折れてしまいそう・・・↓
ランドスケープアーチ

このトレイルで、LAの近所に住んでいらっしゃる年配の方とお知り合いになりました。リタイアされて、LAに永住されているそう。こういう旅先の出会いも楽しいですね~

続いて、一度絶対見てみたいと思っていたデリケートアーチへ。
ユタ州のナンバープレートのデザインにもなっている、代表的なアーチです↓
ユタ州のナンバープレート

ここのトレイルはなんと往復4.8kmもあり、のぼり坂が結構きつい!
最初はこんな感じで普通に歩けるかな~なんて余裕だったんだけど・・・↓
デリケートアーチのトレイル1

途中からこの岩山を登るのです。これ、巨大な一枚岩だそう。点みたいに見えるのが人間なのですが、わかるかな~↓
デリケートアーチのトレイル2

1時間ほど歩いて、ついに到着。このアーチを見た瞬間は、本当に疲れが吹き飛びました。登ってきて良かったと心底思った瞬間です。思っていた以上に大きなアーチで感動真下にいる人が本当に小さく見えますね~↓
デリケートアーチ!

このアーチのそばは風も涼しく、しばらく座ってこのアーチを眺めているだけでも、なんだかとっても楽しい時間が許せば、夕焼けの景色もここで見てみたかったけど、それはまたいつか・・・とここを後にするのでした。

有名なアーチを堪能したあとは、ウィンドウズセクションという場所へ。
ノースウィンドウ↓
ノースウィンドウ

サウスウィンドウ↓
サウスウィンドウ

この北と南のウィンドウを遠くから眺めると間に立つ岩を鼻にみたててメガネのように見えます↓
メガネに見えるかな

タレットアーチ↓
タレットアーチ


ここの駐車場をはさんで反対側に、一箇所から2本のアーチがV字型にかかっているダブルアーチがあります↓
1箇所から2本でてるでしょ~


このあと、バランスロックと呼ばれる、絶妙なバランスを保った岩へ。
バランスロック

間近までいけるのだが、頭の部分がゴロンと転がって落ちてきそうお隣にこれに似た小さい岩があったそうだが、1976年に嵐で倒れてしまったそう。映画、インディージョーンズの冒頭あたりにこのあたりの景色が使われているそうです。
バランスロック2

バランスロックを見ながらのトレイルには、こんな景色も広がります。後ろに上のほうが雪に覆われたロッキー山脈があり、この赤い大地とのコントラストがとっても絵になりますね~↓
バランスロックのトレイル


いよいよ最後の見所へ。
コートハウスタワーズには、色々な形に見える岩が並んでいます。
スリーゴシップス。みんなで何かのうわさ話でもしているように見えるでしょ↓
スリーゴシップス

シープロック。よーく見ると、羊にみえてきます↓
シープロック

オルガン・・・らしいです↓
オルガン?


最後に寄ったビジターセンター。アーチーズに関する色々な展示もあります。景色にちゃんと溶け込んでいる建物ですね~↓
ビジターセンター


写真だと、こんなにも大きくて迫力があるのかわからないこのアーチーズ。実際、この目で見ることができて本当に良かったと思った国立公園なのでした
2008.06.07 Sat l 旅行 l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。