上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
LAから車で2時間40分ほどのところにある小さな町、Solvang。ここはデンマーク村と呼ばれ、昔故郷を懐かしんだデンマーク人が町並みを再現して作った町だそう。サンタバーバラから車で約40分のところにあり、ついでに行ってみるか、くらいの気持ちで訪れたのだが、期待を上回る素敵な街でした

到着してまず目に入ってきたのは、コレ↓
レトロな風車


いかにも、っていう感じのレトロな風車でしょ?イメージは確かに風車なんだけど・・・デンマークってホントに風車があるの?と思ったのは無知でした。デンマークは環境先進国でもあり、風力発電を電力全体の50%に引き上げるという目標を掲げている風車大国だそう。もっとも今現在の風車はこのようなレトロなものではく、もっとスタイリッシュ(?)な近代的なものなのですが・・・。

Informationで街全体の地図をゲットしたら、街歩きスタートInformationの中はとってもこじんまりですが、沢山の観光客でにぎわっておりました。
インフォメーション


インフォメーション中


インフォメーション中2


Informationのすぐそばに、馬車乗り場があります。馬車で街を巡るのも気持ち良さそうだな~。
馬車


街の中はまさに、デンマーク普段とはまったく違う景色に、歩いているだけでも楽しい街なのです。
街の風景1


かわいい洋服


街の中2


かわいいお子ちゃまが何かに乗ってる!と近づいてみると・・・
椅子かな?


靴屋さんの前においてあった、巨大靴。こういうのも、可愛らしいよね~。
ちょっと乗ってみたかったかも・・・


『アンデルセンミュージアム』に到着。ここはガッカリするくらい期待はずれな美術館だと聞いていたのだが、アンデルセンの大きな胸像あり、アンデルセン童話の初版本があり、と無料のわりになかなかいいじゃない、と楽しめました。カフェも併設。入り口にこんな番犬までいましたよ。
案内板


番犬?


アンデルセンの胸像


初版本


アンティークショップもいくつかあり、中でもこのアンティークショップは建物も立派で、これでもか、というくらいアンティークが陳列されています。勉強机かと思ってみてみたら、なんとも言えず心落ち着く音色を奏でる巨大なオルゴールがあったりと、ありとあらゆるアンティークがそろっておりました。
アンティークショップ


アンティークショップ2


キャンドル専門店も発見。
さまざまなキャンドルやスタンドが置いてあって、オッシャレ~。
キャンドル専門店


店内


これ、全部キャンドルなんです。卵の形のキャンドルは、使うとちゃんと中が黄身のように黄色くなってたりして面白い。犬の形のキャンドルは、ツヤツヤしていて置物のよう。これは溶けたら・・・
貝殻キャンドル


キャラクターキャンドル


卵キャンドル


犬キャンドル


英語でデンマーク人のことを『Danish』といいますが、パンのデニッシュはここからきているそう。そんなわけでこのデンマーク村にもデニッシュ屋さんがいくつもあります。帰りの車でのおやつにちょっと買ってみようかと、二つのお店を試してみることに。
デニッシュ屋さん


デニッシュ屋さん2


ショーウィンドウ



ちょっと甘めではあったけど、サクサクしていて美味しかったこういうお店、家の近所にあったらいいのにね・・・とつい思ってしまうのでした。


街をでてちょっとするとこんな素敵な風景もあったりして↓
丘の風景


街を歩いているだけでも楽しいこの街。今度はもっとゆっくり行くぞ、と思うのでした。

2008.03.20 Thu l LA観光名所 l COM(2) l top ▲
この週末は、LAから車で約2時間ほど北へ走り、『サンタバーバラ(Santa Barbara)』という街へ。
ここは、途中丘に囲まれたのどかな風景や海岸を走りぬけ、沢山のビーチに赤い屋根のスペイン風の建物が建てられた美しい町並みなどが楽しめる場所。別荘地としても有名なリゾート地なのです。あるアメリカ人が『サンタバーバラの美しさを表すのに辞書にある形容詞だけでは足りない!』と言ったとか。
LAでお寿司を食べに行くと、たいてい『サンタバーバラ産のウニなんですよ~』と紹介されるのだが、そんなわけで私は『サンタバーバラ=ウニ』と勝手に結び付けている・・・やっぱり花より団子なのです

まずは、サンタバーバラの一番の見所とされる『サンタバーバラミッション(Santa Babara Mission)』へ。
ここはカトリックの伝道所であり、1786年の設立以来フランシスコ修道士が絶えず在籍しているという歴史的建造物なのです。
サンタバーバラミッション


サンタバーバラミッション2


教会のお隣は博物館になっており、1人$5で入場すると、この教会の歴史や当時の部屋の様子などを見ることができます。
博物館1


キッチンかな


こういうのを着ていたんだねぇ


建物を出ると、そこには美しいお庭が修道士たちの憩いの場なのでしょうね~。
ミッションのお庭


ちょうどミサをやっていて、ちょっぴり参加。1人1人にこんな葉っぱが配られました。これを器用に十字架のように結んでいる人もいたりして・・・でもこれってどんな意味があるのかな。ちゃんと調べておけばよかったなぁ。
配られた葉っぱ


ここからこんなトロリーバスもでているようですよ↓
トロリーバス


ここがスペイン風の町並みということで、ランチはスペイン料理に決定ザガットで高得点を獲得しているお店『Milo』を目指して行くと・・・そこは高級リゾートホテル『Bacara』の中にありましたが、残念ながら今日は改装工事のためお休み
高級ホテルBacara


高級車ばっかり並んでました


ロビー


リゾートな雰囲気


プール


そのホテルにある違うお店、『Bistro』へ。
お店の中もとってもオシャレで↓
ビストロ


店内


パンも美味しかった!


テラス席もあって、ビーチを眺めながら優雅に食事ができるようになってます↓
中から撮ったので、ちょっとわかりづらいけど・・・


サーロインのハンバーガー(すごいボリューム)と
ハンバーガー


エビのハンバーガー(エビは一体何匹入っているんだ!というくらいゴロゴロとエビが入っていてとっても美味しい~
エビのハンバーガー


ウェイターさんもとっても感じがよく、丁寧なサービスにつかの間の優雅な気分にひたってウットリ。ゴルフ場も併設のリゾートホテルなので、今度はゴルフをやりつつ、ここでのんびり滞在してみたいと思うのでした~。


サンタバーバラの目抜き通り『ステートストリート』には沢山のショップが立ち並び、開放的でいかにもカリフォルニアの街という感じ。この日はとても風が強く、久々にちょっぴり肌寒い日だったが、夏本番になれば太陽の日差しに浴びながら多くの人がここを散策するんだろうなぁ。
目抜き通り


街の中には人の像などが沢山あります。
これらもそう(リアル過ぎてちょっと怖い・・・)↓
洋服着てるし


窓拭きしてるし


あら、ちょっと可愛らしい像もあるじゃない、と思うと・・・なぜか顔が前後ろ反対についていたりなんでやねん、とツッコミどころが満載。アメリカだわ~と実感できて楽しいかも
ちょっとわかりづらいかな~一番右の子がわかりやすいかも!


目抜き通りの近くには裁判所である『County Courthouse』があります。
裁判所


この建物、スパニッシュ・ムーア様式の建築物で、街全体を見下ろすことができる展望台まであるのです。5時まで見ることができるみたいなのだが、ちょっと時間オーバーで展望台は次回にお預け

最後は埠頭である『スターンズワーフ(Stearns Wharf)』へ。
ここは西海岸最古の埠頭で、メキシコのハバ・カリフォルニア半島に向かうクジラを見ることができるためホェールウォッチングの場としても有名らしい。
Stearns Wharf


風が強すぎてあまり長くは居られなかったが、今度はのんびりここで海を眺めたり、『Brophy Bros. Clam Bar & Restaurant』で名物のシーフードやクラムチャウダーを楽しんだりもしたいなぁ。
LAから気軽に来れる場所として、人気が高いのも納得の、素敵な街なのでした。
サンタバーバラの海

2008.03.17 Mon l LA観光名所 l COM(2) l top ▲
昨日はハリウッドが一年でもっとも熱い日、アカデミー賞の授賞式。
ハリウッドのコダックシアターで行われる、言わずと知れた一大イベント。

ちなみにこれがコダックシアター。2002年からここで行われているアカデミー賞の授賞式は契約上10年間だそうですよ↓
コダックシアター


クリスマスの頃、ここでパレードが行われていて、そのときにもこんな風にレッドカーペットがひかれていました。アカデミー賞のときもこんな感じなのかしら?↓
コダックシアター前


中にはこんな映画とその年代の書かれたパネルもあります↓
コダックシアターの中1


ここの中でアカデミー賞の授賞式が行われるんでしょうね~。この階段をまさにハリウッドスターがのぼっていくのでしょう↓
コダックシアターの中2



近くにはチャイニーズシアターがあって有名なハリウッドスターの手形はここにあります。これはジョージクルーニーの手形・足型↓
オーシャンズ13の記念かな?


アカデミー賞の授賞式には招待客のみで一般公開されないらしいのだが、その雰囲気を味わいに、ちょっと近くまで~

行けないっ

かなり手前から、交通整理をしていて、道路は一部封鎖。
チャイニーズシアターにはまったく近づけないようになっているのでした。
ここも通行止め・・・


通行止めの道に颯爽と入っていくリムジン見て↓
有名人が乗ってるのかな~


気が済んで、家でおとなしくTVで観ることに。
テレビでみました


ロサンゼルスにいるな~という気分に浸った、イベントなのでした。
2008.02.25 Mon l LA観光名所 l COM(0) l top ▲
LAダウンタウンから車で1時間弱、小高い丘の上にひっそりとたたずむこのガラスの教会『Wayfares Chapel』。日本でも海外ウェディングの教会として知られているそうです。Watfares Chapel

Informationもガラス張りで統一
インフォメーション


噴水もあったり、ガーデニングがされていたりと、憧れる教会のイメージにピッタリ
三角形の噴水


ガーデニング


緑に囲まれて、とっても素敵な教会なのです。
ガラス張りの教会


中はこじんまり、でも雰囲気Good
クリスマスバージョンの中


この日は外国人カップルの結婚式があるようで、リムジンも停まっておりました。
いかにも!って感じでしょ?


教会の周りはタイルなのですが、この記念タイル、$350で名前を彫ってもらえるのです。とにかく日本人の名前が多いことにビックリします。
記念タイル


お気に入りな理由は、この素敵な教会だけではありません。なんといってもこの小高い丘から眺める絶景に、とにかく癒されるのですリゾートアイランドであるカタリナ島を眺めることができるこの静かな場所にしばらく居ると、自分の中の空気の入れ替えをしたような気持ちになれるのです。
眺め良し!


記念に夫婦でこんな↓ツーショットを撮りたくなる、そんな場所なのでした
影でツーショット♪

2008.02.12 Tue l LA観光名所 l COM(4) l top ▲
約5年もの歳月をかけ全面改修された『グリフィス天文台』。修復と拡張には、5年間で約9300万ドル(約109億240万円)も費やされたそう。ここはアメリカの都市にある公園で最も大きい公園の一つ『グリフィスパーク』の中にあり、LAの夜景を眺めるならココという場所だそうだ。
グリフィスパークの入り口


この週末はなぜか25℃を越えるような暖かい(暑い)日が続き、この陽気に誘われて、ドライブがてら行ってみることに

天文台なだけあって、高台にあります。LAといえばこの『Hollywood』サイン天文台からもよく見える~↓
ハリウッドサイン


天文台の建物↓
建物とモニュメント


中はこんな感じ↓
建物の中


みんなが何を覗き込んでいるのかというと・・・

振り子の大きな時計があるのです。手前の丸いボールが振り子↓
振り子時計


2階も外に出られますよ↓
2階部分


見晴らし良い~(高い建物があるあたりが、LAダウンタウン)↓
スモッグがすごいのも、よくわかる・・・


いよいよ天体望遠鏡のほうへ。
望遠鏡へ


この巨大な天体望遠鏡、この日は夜7時から覗くことができたそうです↓
今日はガラス越しだったけど・・・次回こそ!


これを覗くと、こんな風に見えるらしいですよ今度見に来よーっと↓
イメージ映像


ここグリフィス天文台で1955年、ジェームスディーン主演の映画『理由なき反抗』が撮影されたそう。ジェームスディーンの銅像にもここで会えます↓
ジェームズディーン


公園では、乗馬もできたり木陰でのんびりしたりと、ゆったりと過ごせそう。今度はのんびりここで過ごして、夜景も堪能できたら良いなと、早くもまた来るときのことを考えるのでした。
2008.02.10 Sun l LA観光名所 l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。